f:id:LSM:20170122201852p:plain

 

♪♪♪ 放送の聴き方 ♪♪♪

1.ゆめのたね放送局をクリック♪♪♪

ゆめのたね | 〜ご縁・応援・貢献〜 あなたの夢を応援するインターネットラジオ局

2.関西チャンネルのやじるしをクリック♪♪♪

f:id:LSM:20170119001312p:plain

 

 

【ご依頼品】ウッドバーニングアート×彫刻 ∞ ケヤキの手彫り表札作りました!

 

 

 

  

ある日、ある方から

 

「自宅の表札の名前が読めなくなってしまったので、あの~木に焼きつけるあれ(ウッドバーニングアート)で表札を作ってくださいませんか?」

 

と、思わぬご依頼をいただきました。。。

 

思ってもみなかったことだったので、とてもびっくりして戸惑ってしまいましたが、私でよろしければとお引き受けしました。

 

 

 

お話をいただいてから表札をイメージしてゆくと、ウッドバーニングアートで焼きつけるだけでなく、浮かせ彫りにして文字を浮き上がらせてみたら・・・・・・というインスピレーションが降りてきました。

 

調べてみると、名前を浮かせるのも彫り込むのもどちらもあるのですね。

 

名前部分を彫るよりも浮かせた方が縁起がいいとか、彫るのはお墓を想起させるので浮かせた方がいいとか、文字部分を浮かせた方がよいという記述が多くありました。

 

そこで今回は手書きで文字を書き込み、ウッドバーニングアートで文字を焼きつけ、彫刻刀で文字を浮き彫りにして周囲も彫り込んでより立体的に見えるように制作することに決めました。

 

 

 

材料

国産の欅(ケヤキ)を使用しています。

 

サイズ 約190×90×25mm(19cm×9cm×2.5cm)

比 重 気乾比重:0.69
強 度 非常に硬い

 

ケヤキは強靭で狂いが少なく耐朽性にも優れている実用性の高い特徴を持ちます。

外見的にも木目が力強く非常に美しいので、古来より日本国内においては最良の広葉樹として取扱われ、神社仏閣などに使われてきました。

ケヤキは重硬で非常に硬い木材ではありますが加工はそれほど困難ではありません。

時間をかければ問題なく加工することができます。

 

 

下書き

 

f:id:LSM:20180425153908j:plain

 

 

文字の大きさを丸で決め、その丸枠の中に文字を書いてゆきます。

 

通常は印刷したものをトレーシングするのが一般的なようですが、今回はすべておまかせで承っていたので、自分で文字を書いてレタリングすることにしました。

 

なので、他にはないオンリーワンな字体です。

 

 

 

 

文字の周囲を縁取る

 

f:id:LSM:20180425153920j:plain

 

 

レタリングした文字の周囲を電熱ペンで縁取ってゆきます。

 

しっかりとした色目で焼きつくように縁取りました。

 

 

 

 

文字の中を焼きつける

 

f:id:LSM:20180425154037j:plain

 

 

電熱ペンで縁取った文字の中を丁寧に焼きつけて焦がしてゆきます。

 

はみ出さないように、色目が均一になるように丁寧に焼きつけてゆきます。

 

 

 

 

文字の周りを切り出し周りを掘る

 

f:id:LSM:20180425154055j:plain

 

 

最初は三角刀で文字の周囲を彫り、次に切出刀でさらに深く文字周りを彫り込みます。

 

さらに文字周りの余白部分を丸刀で木目に対して90度の方向に掘り出します。

 

最後に縁部分を平刀で切出して整えました。

 

サンドペーパーはまったく使っていません。

 

 

 

彫刻刀を使うのは中学生以来だったのですが、作るのであれば彫刻刀で彫りたいという想いがどうしても頭から離れず・・・・・・

 

そのことを依頼してくださった方に打診しましたら、私にすべておまかせしますと仰ってくれたので、彫刻刀での彫り込みを実行しました。

 

 

 

こうゆう作業をする時、やりはじめるとついつい寝食を忘れる感じに没頭してしまいます。

 

ついつい集中し過ぎて、彫り終わると手がえらいことに・・・・・・表札の木はケヤキを選んだので硬度が高く、実際に彫ると結構硬かったのです。

 

ケヤキは神社などの建築材としても使われる高級木材で、密度が高くて重厚で雰囲氣のある木で硬かったですが、彫り痕は綺麗だなと思います。

 

 

 

 

立体彫刻をする彫刻刀ではないので、あまりに立体的な彫り出しはちょっと厳しくて。

 

もう少し縁部分を掘り込んでかまぼこみたいな丸みを出したかったのですが、今はこれ以上彫ってかまぼこ型まで持ち込むのは無理だったので、写真ではわかりにくいですがほんの少しだけ端の方を掘り下げて氣持ち角度を出しています。

 

 

 

最後にニスかウレタンで表面の塗装をしようと思っていたのですが、ご依頼いただいた方がそのままの木の風合いのままの方がいい感じがすると仰るので、そのままのものを実際にご覧いただいてどうするかを決めていただくことにしました。

 

後日、実際にご覧いただいて、やはりそのままの方がいいということで、そのままでのお渡しとなりました。

 

ご依頼者様はとても氣に入ってくださり、『眞穂乃先生に頼んでよかったです』と伝えてくださいました。

 

 

 

スタートさせるまでの構想の段階では、はじめて作る訳なので勝手もわからず中々作業に入ることができなかったのですが、いざ作業に入ると集中して仕上げることができました。

 

裏面には私の銘と秘密の刻印を入れてあります。

 

 

 

それにしても・・・・・・まさか純和風のスタンダードな表札を作らせていただくことになるとは。

 

そして、自画自賛になりますが、自分で思っていた以上にいい塩梅に仕上がったなぁ~と思います(o^-^o)

 

ウッドバーニングもですが、彫刻が思っていた以上に楽しくて、氣づけば夢中になってやっていました。

 

けれど、彫るのは結構時間がかかるものです。。。

 

結構負荷もかかっていたのか、彫刻をした翌日、指が腫れていましたし、普段はならない二の腕の筋肉が筋肉痛になっていました(^^;

 

 

 

後日、玄関に実際に掛けた状態の写真を送ってくださいました。

 

f:id:LSM:20180523185949j:plain

 

お家の雰囲氣にもしっかり馴染んでいます(o^-^o)

 

裏に施している仕掛けが発動し、長くお家の守護として機能してくださることと思います♡*゚

 

 

 

今回、何より嬉しかったのは、ご依頼者様が私のことを信頼してすべておまかせくださったこと、そして出来上がったものをとても氣に入ってくださったことです。

 

表札作りますよ~とかこちらからは言ったりしていないですし、まったく思っていなかったので匂わせてもいなかったですし。

 

もし、頼まれなかったらこういう表札を作ろうとは思わなかったでしょう。

 

もちろん、彫刻刀で彫ることも考えなかったかもしれません。

 

なので今回、作ったことのない私のことを信頼しておまかせで作らせていただいたことは、とても得難い体験でした。

 

ありがとうございました。

 

 

 

次の表札のご依頼もいただきました。。。

 

今回のとは少し違うイメージのものです。

 

今、木を選定してようやく届いた所なので、これから少しずつできる時に進めて行きます。

 

 

 

 f:id:LSM:20160826165253p:plain

 

~with all of my heart~ 

 

Soul Creation Artist

眞穂乃 -MAHONO- (*^O^*)

 

 

眞穂乃 OFFICIAL HP

RESONANCE OF THE EARTH & UNIVERSE

多彩な眞法使い ★ 眞穂乃-MAHONO- OFFICIAL HOMEPAGE

 

 

 

セッション&ワーク&講座メニュー

lsm.hateblo.jp

 

 

lsm.hateblo.jp

 

 

 

 

Soul Creation Artist 眞穂乃-MAHONO-

ラジオパーソナリティ番組

f:id:LSM:20170119161042p:plain

まほのPresents!

Shining Star☆Blossom

第1~第4木曜日 20:00~20:30

まほのPresents! Shining Star☆Blossom | ゆめのたね