f:id:LSM:20170122201852p:plain

 

♪♪♪ 放送の聴き方 ♪♪♪

1.ゆめのたね放送局をクリック♪♪♪

ゆめのたね | 〜ご縁・応援・貢献〜 あなたの夢を応援するインターネットラジオ局

2.関西チャンネルのやじるしをクリック♪♪♪

f:id:LSM:20170119001312p:plain

 

 

河内國一ノ宮 枚岡神社 神津嶽本宮 参拝 2018.04.16

 

 

 

 

f:id:LSM:20180416214900j:plain

 

f:id:LSM:20180416214914j:plain

 

 

天赦日の4月16日に、河内國一之宮 枚岡神社御神体山、神津嶽(かみつだけ)の山頂に鎮座する神津嶽本宮にお参りに行ってきました。

 

きっかけは4月末に古事記の語りをするという友人Yちゃんが古事記の語りをするまでに行きたいという声をあげてくれたから。

 

私は今まで拝殿や摂社、末社などは参拝させていただいたことはありましたが、神津嶽本宮には行く機会を得ず・・・・・・今回はじめて行かせていただくこととなりました。

 

 

 

自分たちだけでもよさそうなものだけど、ここは詳しく知っている人をお誘いして案内していただこうということで、枚岡神社といえば・・・・・・の、枚岡神社の氏子さんでお近くにお住まいの天使なクリスタルボウル奏者のYちゃんをお誘いし、ご案内していただけることとなりました。

 

写真をほとんど撮らなかったので・・・・・・ほぼ文章のみでごめんなさい。

 

こういった形の参拝の時というのは、自撮りとか写真Σp[【◎】]ω・´)☆とならないことも多々あります。

 

 

 

境内に入ると、とても涼やかで爽やかな氣が流れているのを何時でも感じるのですが、それは神津嶽から本殿、鳥居の方向に氣脈が流れているからなのだと思います。

 

いわゆる龍脈という奴ですね。

 

古来、神社が建てられた場所は、『いやしろち』という氣の流れの善い場所です。

 

枚岡神社は何時でも澱みなく氣が清々しいと感じますが、それは神津嶽からの氣と水の流れがあるからなのだと改めて思いました。

 

 

 

自分たちだけだったらさらっと済ませていたかもしれない摂社、末社、出雲井、白水井などの詳しい情報をシェアしていただき、大変贅沢な時間を過ごさせていただきました。

 

 

 

http://www.hiraoka-jinja.org/_common/img/grounds-of-a-shrine/grounds-of-a-shrine_img01.jpg

参照:枚岡神社HP

 

 

HPの境内案内図のイラストの感じだと、とても近くのように見えますが、山頂の神津嶽本宮まで登るのには少なくとも30分はかかります。

 

休憩をしながらならもう少しかかるかも。

 

登りは結構しんどいのですが、登ってゆくと風景がとっても開けてきます。

 

途中にはベンチが設置されているので、適度に休めます。

 

木々の緑や大阪平野の見晴らしを楽しみながら適度に休みながら登ると、疲れはしますが爽やかな疲れというか。

 

 

 

途中で休憩していると、後から登って来られたおじさまが、『たぬきが出てきましたよ』と仰って、撮った写真を見せてくださいました。

 

野生のたぬきって、写真を撮らせてくれる距離に出てくるものなのですねぇ!

 

そのことにビックリ☆

 

ウグイスをはじめとした鳥たちの鳴き声が響き渡り、空氣も澄んでいるのでとても心地よかったです。

 

 

 

結構疲れてきたなぁ・・・・・・と思った頃に、展望台が見えてきました。

 

展望台からは大阪平野が一望できます。

 

この日は黄砂が飛んでいるのか霞がかかっていたのですが、それでも阿倍野ハルカスはしっかりと見えました。

 

霞がかかっていなかったら、海の方・・・・・・大阪湾の方までハッキリと見えたのでしょうね。

 

とてもお天氣のよい見晴らしの抜群な日には明石海峡大橋も見えるらしいです。

 

 

 

何も無くても展望台でのんびりするだけでも1日過ごせそうでした。

 

お弁当を持参して食べていらっしゃる方もちらほら。

 

私たちは何も用意していっていなかったので、しばらく休憩をしてから神津嶽本宮に向かいます。

 

 

 

f:id:LSM:20180416215103j:plain

 

 

実はこの日、神津嶽本宮へと向かう前に、思いかげず不思議な偶然という名の必然なつながりが紐解かれるなど・・・・・・色々とありまして、この参拝自体がその前段階から御神事的な動きだったことが明らかとなりました。

 

それは、さながら『DNA覚醒プログラムの始動』

 

龍体である日本列島、日本人の覚醒の新たなはじまり

 

シンクロが重なり過ぎていて細かくは書けませんが、どうしてこの日、このタイミングだったのか・・・・・・それがすべて綺麗につながったのでした。

 

そして、ここに来る前にアップした記事の内容が、まさに・・・・・・って内容になっていてシンクロしていました。

 

lsm.hateblo.jp

 

 

 

f:id:LSM:20180416215237j:plain

 

 

お参りの前、そして後にお話ししたことが、古事記の語りを行うYちゃんのために用意された様な・・・・・・その1日のすべてが計らいでもたらされた魂を開くワークでした。

 

今ここから、新たな意識で生きる・・・・・・祈り=意祝り〔意識+祝詞(のりと)〕

 

・・・・・・またまた長くなってしまうのでここで止めておきます(;>_<;)

 

 

 

話していたり聞いていたりする自分自身にも氣づきがあり、話した内容が内なる確信をさらに進化、深化、神化させてくれました。

 

この日のことは完全におまかせで、考えてこうすると決めた訳ではなかったけれど、すべてが見えない手によって采配されていたことがハッキリと見えました。

 

 

My soul is the light itself.

私の魂は光そのものです

 

 

この日の話の中で再三出てきたキーワード。

 

パワーワードですね。

 

元々光そのものな私たちですが、それを忘れているだけ。

 

私たちは意識そのもの・・・・・・『存在・意識・至福』

 

 

 

その日1日のことを思い出しながら、そうそう、そうだよなぁ・・・・・・って思いながらお手洗いに行ってひとりになった時、『ようやく頭ではなく本当に氣づき解した(笑)』って、優しいツッコミが入りました。

 

普段は本当に滅多~に話しかけては来ないのですけどね。

 

ようやく氣づいた!って感じで余程嬉しかったみたいです♡(*^〇^*)♡

 

 

 

枚岡神社、神津嶽本宮、素敵な所ですよ。

 

 

www.hiraoka-jinja.org

 

 

今の時期ならばお弁当持参で登り、展望台で景色を眺めながらお昼をいただくのも氣持ちいいと思います。

 

 

 

 

 f:id:LSM:20160826165253p:plain

 

~with all of my heart~ 

 

Soul Creation Artist

眞穂乃 -MAHONO- (*^O^*)

 

 

 

 

セッション&ワーク&講座メニュー

lsm.hateblo.jp

 

 

lsm.hateblo.jp

 

 

 

 

Soul Creation Artist 眞穂乃-MAHONO-

ラジオパーソナリティ番組

f:id:LSM:20170119161042p:plain

まほのPresents!

Shining Star☆Blossom

第1~第4木曜日 20:00~20:30

まほのPresents! Shining Star☆Blossom | ゆめのたね