f:id:LSM:20170122201852p:plain

 

♪♪♪ 放送の聴き方 ♪♪♪

1.ゆめのたね放送局をクリック♪♪♪

ゆめのたね | 〜ご縁・応援・貢献〜 あなたの夢を応援するインターネットラジオ局

2.関西チャンネルのやじるしをクリック♪♪♪

f:id:LSM:20170119001312p:plain

インドへの道程③

 

 

 

 

 

 

  ポチッとしていただけると喜びます♪♪♪

 

 

 

 

 

眞穂乃のブログにお越しくださり、
ありがとうございます✨💖✨

 

 

 

インドに行くまでに作品展などがあり何だかとても

バタバタと忙しくしていていました。

 

なので何の準備もしないまま直前まで来てしまいました。

 

何かある前には出張があることが多いのですが、

今回も名古屋から帰ってすぐに出発という日程でした。

 

 

 

名古屋の最終日の朝にそれはやって来ました。

 

内容はとてもここでは書けませんが、

前述の方からの私への忠告メールでした。

 

それは…文章も然ることながらメールから放たれている

エネルギーで氣持ちが悪くなってしまうものでした。

 

よくこれだけ色々書けたな…と思う内容でした。

 

誰にも欠点や至らない所はあるでしょう。

 

けれど、私はそれを一通り読んで後、

そういう所ばかりにフォーカスするのではなく、

人のそして自分の素晴らしい所をみつけて生きたいな…

と心の底から思いました。

 

そして何より驚いたのは、

そういう罵詈雑言ともいえるような内容を読んでも、

私自身がまったく揺らがなかったことです。

 

内側はとても平和でした。

 

 

 

仏陀のお話で有名なお話があります。

 

 

 

あるところに、
お釈迦様が多くの人たちから
尊敬される姿を見て、
ひがんでいる男がいました。
 

「どうして、あんな男が
 みんなの尊敬を集めるのだ。
 いまいましい」

男はそう言いながら、

お釈迦様をギャフンと言わせる
ための作戦を練っていました。
 
 
 
ある日、その男は、
お釈迦様が毎日、同じ道のりを
散歩に出かけていることを知りました。
 
 
そこで、男は
散歩のルートで待ち伏せして、
群集の中で口汚くお釈迦さまを
ののしってやることにしました。
 
 
「お釈迦の野郎、きっと、
 おれに悪口を言われたら、
 汚い言葉で言い返してくるだろう。
 その様子を人々が見たら、
 あいつの人気なんて、
 アッという間に崩れるに違いない」
 
 
そして、その日が来ました。
 

男は、
お釈迦さまの前に立ちはだかって、
ひどい言葉を投げかけます。
 
 
お釈迦さまは、ただ黙って、
その男の言葉を聞いておられました。
 
 
弟子たちはくやしい気持ちで、

「あんなひどいことを言わせておいて
 いいのですか?」

とお釈迦さまにたずねました。
 
 
 
それでも、お釈迦さまは
一言も言い返すことなく、
黙ってその男の悪態を聞いていました。
 
 
 
男は、一方的に
お釈迦さまの悪口を言い続けて疲れたのか、
しばらく後、
その場にへたりこんでしまいました。
 
 
 
どんな悪口を言っても、
お釈迦さまは一言も言い返さないので、
なんだか虚しくなってしまったのです。
 
 
 
その様子を見て、
お釈迦さまは、
静かにその男にたずねました。
 
 
 
「もし他人に贈り物をしようとして、
 その相手が受け取らなかった時、
 その贈り物は
 一体誰のものだろうか」
 
 
 
こう聞かれた男は、
突っぱねるように言いました。
 
 
 
「そりゃ、言うまでもない。
 相手が受け取らなかったら
 贈ろうとした者のものだろう。 
 わかりきったことを聞くな」
 
 
 
男はそう答えてからすぐに、

「あっ」

と気づきました。
 
 
 
お釈迦さまは
静かにこう続けられました。
  
 
 
「そうだよ。今、あなたは
 私のことをひどくののしった。 
 でも、私はその ののしりを
 少しも受け取らなかった。
 だから、あなたが言ったことは
 すべて、あなたが受け取ることに
 なるんだよ」

 

 

引用:お釈迦様と悪口男のお話

iinee-news.com

 

 

 

私はその忠告メールの罵詈雑言からは

一切何も受け取りませんでした。

 

何の反応もしませんでした。

 

ですから、その言葉は自分自身に返るのです。

 

相手の言葉に動揺したり傷ついたりして同調するのは、

その相手と同じステージに立っているということです。

 

しかし、同じステージに立つことを止めたなら、

相手が何を言っていたとしてもそれが響くことはないのです。

 

それは以前にスセリヒメ様がくださったメッセージを

自ら体現できるようになっていたということです。

 

 

 

スセリヒメ様からのメッセージ

 

 

あなたが出来ることは、嘆き悲しみ同調することではありません。

 

その様な感情では何も変わりません。

 

出来ることは、あなた自身の認識を変えることです。

 

そのお相手と同調せずに、あなた自身が光へと近づいてゆくことです。

 

自分のステージを上昇させるのです。

 

成長することでしか変容は起こりません。

 

あなた自身が光となるのです。

 

 

 

  

 

そういうメールが来ることは

マイナスなように思うかもしれませんが、

実は変化・変容を見せるために起こることも

たくさんあります。

 

私もこれまで度々それを体験してきました。

 

そして今回の出来事も自分自身の認識の成長を

実感させてくれました。

 

インドに行く前に色々総決算で見せてくれたのだな…

すべてが完璧にデザインされていたんだな…

そう感じました。

 

何でこんなことが起こるの???

ということも含めてすべてが恩寵なんです。

 

本当に驚くべき方法で見せてくださいました。

 

 

 

 自分自身の変化・変容を感じてインドへと旅立てることは

とても幸せなことでした。

 

今回の旅がどれほど至福と恩寵に恵まれているか、

そして私たちの人生がどれほど至福と恩寵に満ちているのか 

そのことを感じながら旅立てたのです。

 

かつてなら絶対に凹んでいただろうことに

ここまで揺れることがないなんて…

インナーピース(内なる平和)が為されている

ことがこれほど至福だとは…。

 

 

 

認識が変わると世界が変わるのです。

 

  

 

バカヴァンはおっしゃいます。

 

 

幸せな人が幸せな地球を創造します。

 

葛藤する人は惨めさしか創り出せません。

 

 

 

 本当にそうだな…と心から思いました。

 

 

 

 私はバカヴァンにお逢いできることが今回何より嬉しくて。

 

たった一度訪れたワンネストレーナーコースで

インドを訪れてから早くも5年が経過していました。 

 

バカヴァンは実際にお逢いするとエネルギーの塊なので、

私たちとは光の密度がまったく違っています。

 

何より…本当に懐かしく愛しく感じるのです。

 

もう引退されているのでいつお逢いできなくなるか…

わかりません。

 

せめてもう一度お逢いしたいという願いが叶いました。

 

 

 

次からいよいよ旅行記になります。

 

お楽しみに~~~♪♪♪

 

 

 

lsm.hateblo.jp

 につづく 

 

 

 

 

Soul Creation Artist

眞穂乃 -MAHONO- (*^О^*)

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする